広告の種類や広告業界についてのサイトです。

アフェリエイト広告

パソコン ネット広告

成果報酬型のインターネット広告になります。アフィリエイトというのは提携という意味があり サイトオーナーと広告主がアフェリエイトサービスプロバイダーを通して行う広告。アフェリエイト広告は成果報酬型、つまり、商品購入や資料請求などの最終成果もしくは発生したクリック数に応じて広告費用を支払う仕組みになっています。基本的には、広告を掲載することには費用がかかりません。
成果報酬はサイトオーナーのホームページに掲載されている企業広告(ここでは、アフィリエイト広告)をクリックした際、そのアクセス先の企業サイトでユーザーが何らかのアクション(事前に設定されている例えば資料請求など)が行われた場合に初めて広告料が発生する仕組みです。
日本には、バリューコマースやリンクシェアといったアフェリエイト会社【ASP会社】があります。
その中には、SEO使用を持った自社専用のアフェリエイトプログラムを展開するシステムを提供する会社もあります。


アドワーズ広告

グーグル(Google)社が提供するPPC広告の一種です。ユーザーがGoogleの検索結果画面の上部とサイドのエリアに掲載される広告をクリックすることで初めて課金されるシステムの検索連動型広告です。
アドワーズの配信先はGoogleの検索結果以外にも、多く存在します。それらは、『検索パートナー』と呼ばれます。主なパートナーは、「BIGLOBE」「goo」「livedoor」「AOL」などがあります。
オークション形式でキーワードの価格が設定されており、入札金額やクリック率などから掲載順位が決定します。
キーワードにより1クリック1円からの価格設定となり、従来のオンライン広告よりも高い集客力とコストパフォーマンスの実現が可能な広告です。

★関連サービス★





★関連サービス★